恋愛マスターブログ

恋愛について。お付き合い、出会い、婚活、合コン、

笑った時に白い歯だと印象が30%アップするらしい

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。


隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

 

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

 

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。


各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

 

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
白い歯ちゅらトゥースの効果


ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。